ジャンプ


水上スキー競技 最終種目
 水上に置かれた台に入り
どれだけ遠くに飛べるかを競う競技

台の高さは男子は180cm。
ボートスピードは57km/h以下 3km/h刻みで自由に選択可能。

飛距離を伸ばすために、スキーヤーは
カッティングといって 右サイドから台に向かって切り込み
遠心力などを利用して加速させる。

その速度は100km/hを超える選手もいる。

得点はジャンプ台先端からスキーヤーの着水地点までの距離。
また、着水後も滑走して初めて成功と認められる。
スキーヤーは3回のジャンプを行い、最も遠く飛んだ距離が得点となる